931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

賃貸物件を借りたり住宅を購入したりするとき、より自分の暮らしに合った住まいを探しますよね。でも、すでに出来上がっている物件では、希望に合ったものを見つけるのはなかなか難しいはず。そんなときは、リノベーション物件を探してみるといいかもしれません。そこで、リノベーションとはなんなのか、リノベーション物件のどんな部分が優れているのかをご紹介します。

 

話題のリノベーションとは

リノベーションとは、元々ある中古物件を改修して機能や性能を向上させ、付加価値を与えた物件のことです。そこで暮らす人にとって快適な住まいを実現するために、水や電気、ガスなどのライフラインの構造を変えたり、内装の雰囲気や間取りを変更したりして現代的な住宅にすることをリノベーションと言います。中古マンションのリノベーションを手掛ける「リノベる」など、ここ数年でリノベーション業界は盛り上がりを見せています。

リノベーションとリフォームの違いとは?

リノベーションとリフォームにはどんな違いがあるのか知っていますか?同じような意味で使われることも多いのですが、実は明確に差があります。リノベーションはもっと住まいを暮らしやすいものにするために、間取りを変更したり機能を追加したりしてよりよく作り替えるものです。一方リフォームは、老朽化してしまった部分を復旧させて元通りにすることを指します。大規模な工事が含まれるリノベーションと比べて、リフォームは小規模な改修で済むことが多いです。もちろん、リノベーションするときにリフォームを兼ねることもあります。

リノベーションをするメリット

リノベーションをするメリットは、まず自分が暮らしやすいように内装を自由に変えられるということです。壁を壊して二つの部屋を一つにすることもできてしまいます。また、中古物件を購入してリノベーションすれば、新築物件を購入するよりもリーズナブルです。さらに、リノベーションをした物件の方が資産価値は上がることが多いと言われています。

 

リノベーションはいいことだらけ

リノベーションは自分の理想の住まいがリーズナブルに叶えられ、さらに資産価値も上がるとあっていいことだらけです。中古物件を購入してリノベーションするのもいいですし、すでにリノベーションされている物件を借りるのもいいでしょう。リノベーション物件には、きっと新築物件にはない魅力が発見できるはずです。